【8/9 PM】
おニューのルナミスを振り回したいがため、午後より三沢方面のサーフへ出撃。現場に到着してみると、程よく波っ気があり結構好きな雰囲気。メインターゲットはもちろんヒラメ。今期、まだ一匹も上げていないので、なんとしても釣り上げたい。

おニューのルナミスを手に取り、やや興奮しながらランガンを開始。

ほぼ貸し切り状態のサーフ。ロッドの感触を確かめながら、怪しいポイントをひとつずつリフト&フォールで丁寧に探っていく。すると、ほどなくしてガツンとした明確なバイト!!なかなかの引き、しかもヒラメっぽい!!

一気にテンションが上がり、お持ち帰りサイズキタ━(゚∀゚)━! と思ったのも束の間、すぐに異変に気づく。

間違いなくドラグが鳴ってもおかしくない引きなのに1ミリもドラグが動かない・・・

あ・・・ドラグのセッティング忘れてた・・・

肝心なときに初歩的なミス・・・。案の定、魚はバタバタと抵抗した後、フッ・・・と居なくなりました(涙)

・・・しかし神はまだ僕を捨てていなかった。

意気消沈し、帰ろうと思っていると、鳥たちがざわつき始め、目の前でまさかの鳥山が発生。(小規模でしたが)

チャンスとばかりにジグを投げると、ワンキャストワンヒットで、ポ、ポ、ポ、ポーンと20cmから30cm後半のサバが連続ゲット。残念ながらイナダの姿は見えませんでしたが、なんとかルナミスの入魂を果たしました。(写真はなし)

あっという間に鳥山は去り、また静かな海に戻ったので、この日は納竿。

最初にヒットした魚で入魂したかったなぁ・・・とミスに反省。


【8/12 AM】
天候は下り坂でしたが、ギリギリ釣りになると判断し、朝マズメに合わせ気合で出撃。

波高め、向かい風、しかも小雨がぱらつく少々やりずらいコンディション。

こんな状況じゃミノーやスプーンの飛距離は望めない。ルアーセレクトは消去法で自ずとジグに。
しかし、最近お気に入りのジオピックは塗装がひどく剥がれ、フラッシンクも何も期待できない状態。そこで、この日はこれまで安定した釣果を得ているシマノのコルトスナイパースリムをセットする。カラーは光量が少ないことからオレンジゴールドをセレクト(現在はカラーラインナップから外れている模様)。もちろんん、ドラグのセッティングもバッチリ(笑)

このチョイスがなかなかの良かった。

手のひらサイズではあったものの、すぐに今期一枚目のヒラメをキャッチ。その後も、フッキングに至らないバイトが多数あったが、潮止まりまでポツポツとサバがヒットし続けた。(写真なし)

潮止まりのタイミングで当たりがピッタリと止んだため、サイズに不満はあるものの納竿。

サイズ云々は抜きにして、コルトスナイパーは安定して釣れるからやっぱり優秀だと思う。


・・・


昨年は良型のヒラメが結構釣れたんですが、今年はサバばかり釣れてどうもヒラメが不調です。
涼しくなってくるこれからの時期に期待して通い続けるしかありませんね。