DSC01932
タイトルの通り、『カルティバ』『がまかつ』のトレブルフックを使うのやめました。

理由は単純明快。


高すぎるから!!


そんなわけで、半年ほど前から土肥富(マルト)というメーカのフックに切り替えてます。

スポンサーリンク

サーフでの釣りはすぐに針先が甘くなるので、フックの交換頻度が高い = 防錆性能はそれほど重要じゃない

これは私の持論。

サーフでのルアーフィッシングはその性質上、どうしてもフックが砂と擦れ易いので、ほんと針先が甘くなりやすい。つまり、フックの交換頻度が高い。(ルアーのピックアップ時とか、フラットフィッシュ狙いの場合は頻繁にボトムを取るので)

釣行後、針先を爪に当てて確認すると、使用頻度が高いルアーなんかは1回で針先が甘くなってることがしょっちゅうある。なので、高い防錆性を謳っているフックなんかは、その性能を発揮する前にゴミと化してしまう。なお、ヤスリで針先を削るという手もありますが、私の中では、それはあくまで応急処置という認識。新品時のような鋭さに戻すことは基本困難なのでバンバン交換する方針をとっています。

交換頻度が高いということはそれだけコストが掛かる。さらに、ここ最近のフックの値上がりはかなり致命的。

高い防錆性能や鋭さを誇るがまかつ「トレブルRB-MH」で一個110円~130円。唯一の良心的存在だったザ・定番フックのカルティバ「ST-46」でさえ値上げで1個当たり80円~100円もするようになった。

週1~2回の釣行をして、フックを週に平均5個交換すると仮定した場合(私はそこまで行きませんがw)、年間約30000円もの出費になる。

・・・普通にそこそこのタックル買える額やんけ!?

そんなわけで、私の中では以下のような図式が出来上がっています。

防錆性能の優れた高価なフック <<< 越えられない壁 <<< コスパに優れたフック


いろいろ探した結果、出会ったのが1個25円~50円という土肥富(マルト)のフック

そんなわけで、安くて使えるフックがないか、色々探していたところ見つけたのがこちらの記事。

『土肥富(マルト)』という余り聞きなれないメーカですが、調べてみると創業明治25年(!?)という超老舗。さらに調べてみると大手にもOEMしているみたい。もう、この時点で安心できますねw

しかも、この土肥富(マルト)のすごいところは、その単価の安さと品質の高さ。

安いものだと1個25円、高くても50円というハイコストパフォーマンスで、しかも品質も良いです。

単価は某100均のフックとほぼ同じですが、品質は雲泥の差。はなっから針先が甘かったり、釣行中に錆びるということは有りませんでした。

半年ほど前に公式HPで「No.R-1092 丸型3本針」(25円/個)、「No.7771-CP トリニティ」(約50円/個)、「odz トリニティS-1」(44円/個)をまとめ買いして使っていますが、いずれもまったく問題なし。

安心して使用できるし、針先が甘くなったらコストを気にせず交換できるので、ほんと重宝しています。

今や『土肥富(マルト)』ラブです。マジで。

なお、フックの購入は基本的に公式通販ページ(http://www.fishhook.co.jp/)経由で行いますが、同社の「odz」ブランドについては楽天などでも購入できます。


フックを週に平均5個交換した場合・・・年間約23000円もお得に!!

「No.R-1092 丸型3本針」(25円/個)を、上述した条件で交換した場合の年間コストはわずか約7500円

がま、カルティバのフックを使用するよりも約23000円もお得に!浮いたお金でタックル買えますよ!奥さん!!


懸念事項はあるっちゃ、あるけど・・・

そんな、コストパフォーマンスに優れた土肥富(マルト)のフックですが、一応、懸念事項はあります。

それは、多くのルアーで標準装備されているであろう「カルティバ ST-46」に比べ、若干軸が細いということ。軸が細いということは、それだけフック重量が軽くなり、ルアーのアクションに少なからず影響が出ると思われる。また、強度的にも若干劣るかもしれない。

けど・・・
こまけぇこたぁいいんだよ

正直、懸念事項(デメリット?)以上にコストメリットが大きすぎるので、私はそんなこと気にしませんw

それに、ルアーのアクションが変わったなら、使う側がそれに対応すればいいだけの話だし。


・・・え?

ルアーのアクションが破綻した? ・・・なら、諦めてガマ、カルティバのフックを使ってください(^p^)


というわけで、私が所有するルアーのほとんどが土肥富(マルト)のフックに変わりつつあります。


グッバイ! 『がまかつ』、『カルティバ』!!

サンキュー! ヘヴンズ・ドアー ~シーバス爆釣への扉~ 金木犀さま!!(有用な情報、ホント感謝感謝です。)


■関連リンク

スポンサーリンク