針先が甘くなったジグヘッド、あなたはどうしてますか?

・・・

普通だったら、そのまま処分すると思います。

けど、そのジグヘッド、ちょっと細工すれば、対ヒラメ専用ジグヘッドに早代わりするかもしれません。

スポンサーリンク

その細工とは・・・
DSC01953
これを
DSC01955
こうするだけ。 

あとは以前紹介したジグヘッド用のアシストワイヤーを付ければ、対ヒラメチューン完了です。
DSC01958

このチューンが出来るジグヘッドの条件は

  • アシストフックをつける「アイ」が付いていること
  • ワームキーパーがしっかりしてワームがズレにくいこと

の2点。

これの利点は、①まっすぐワームを刺すだけなので、ワームのセットが簡単。 ②トレブルフックを交換することで常に鋭い針先を保つことが出来る。 ③ロストしない限り使い続けることが出来るので、お財布にやさしい。の3点。


今回は「がまかつ レンジスイマー タイプリバーシブル」にヒラメチューンを施しましたが、クソ高かった「オーナー ファイアヘッド」もいずれこうなります(笑)


あ、あと、タイトルに『ジグヘッド革命』とか勢いで書いちゃいましたが・・・

すいません。完全にタイトル詐欺です(^p^)


スポンサーリンク